アイアンのストロングロフト化について

6月 29th, 2014

最近新発売されるアイアンは一部のものを除いてロフト角が立った状態のものが多くなって来ました。いわゆるストロングロフトと呼ばれているものです。
大雑把にいうと4番アイアンのヘッドに5番アイアンのシャフトが着いているようなものだと良く言われています。
ロフト角が立つと理論的にはトータルの飛距離は伸びるのですが、当然のことながら弾道は低くなり方向性も定まりにくくなります。
アイアンは本来グリーンを狙うものでありキャリーでピタッと止まってくれるのが理想ですが、アイアンでも距離を稼ぎたい、飛ばしたいというゴルファーの欲求がこのようなクラブの誕生の背景となっているそうです。
この傾向に更に拍車をかけているのがボールの進化でしょう。近代のゴルフにおいて最も進化しているのはクラブではなくボールだという意見があります。
打ち出しは高く低スピンで飛ぶボールにはストロングロフトの方が相性がいいのでしょう。
ゴルフの理論,考え方も昔とは随分変わりました。今後はどのような道具が出て来るのか興味は尽きません。

女性ゴルファーを増やしたい!

6月 28th, 2014

埼玉・群馬でゴルフ場をお探しなら上武カントリークラブ
ゴルフを始めて約2年になります。相変わらず上手にはなりませんが、最高のストレス発散の場として下手くそながらにもラウンドを楽しんでいます。
三十路を超えた私ですが、最近私の周りの女性でもゴルフをしてみたいという人が増えてきました。年齢的なものもあるのでしょうか?確かに仕事を続けている女性にとってもゴルフはコミュニケーションの場としてもとても有効だし、意義があると思います。子育てがひと段落した女性にとっても、打ちっぱなしに行くだけでもストレス発散になるのかもしれません。
そして最近は、そんな彼女たちを誘って打ちっぱなしに行くことも多くなってきました。始めてゴルフクラブを握る女性には、まずは「楽しい!」と思ってもらうことが一番ではないかと考えています。楽しいと思わないと続かないし、遊び気分で練習をしてみて、2回目以降に上手な人を連れて行ってしっかりと教えたほうがいいと思うからです。実際、私も初回からしっかりと教えられて少し心が折れそうでした。
楽しいと思うことから初めて、女性ゴルファーを増やし女性だけでラウンドするのが私の夢です。

ナイターゴルフはなかなか面白い。

6月 24th, 2014

これから夏本番となりますが、ゴルファーにとっては辛い時期でもあります。日焼けや熱中症など色々気を付けなければなりません。
しかしどんなに暑くてもゴルフは止められないという人にナイターゴルフをお勧めします。
私も何度か経験がありますが、キラキラの照明の中を糸を引くように飛んでいくボールの姿はとても幻想的で、昼間のゴルフでは味わえない美しさがあります。
多くのゴルフ場では、上がりの3ホールの7~9番とか16~18番だけに照明施設があるところがありますが、全ホール照明が付いているところも増えて来ているのでチェックしてみたらいかがでしょうか。
しかし、照明があっても全体的には暗いので色々注意が必要です。
打ったボールは照明の範囲を外れると一旦消えて見えなくなってしまうので、同伴者がボールの行方をしっかり見ている必要があります。
またラフなどを歩いていると、スプリンクラーや杭などの人工物にぶつかりやすいので出来るだけ明るい所を選んで歩くようにするべきでしょう。
仕事が終わってナイターゴルフなんて最高ですね。